近代養蜂についてB-【はちみつ健康館】



●近代養蜂についてB●

花の開花時期のピークはそれほど長くなく、ミツバチは一ヶ所に集中して蜜を集めるため特定の花の蜜だけを集めることが出来る。


定置養蜂においては、年間スケジュールが自然の状態と似ている。
ただし、養蜂を営む地域や、蜂蜜の対象となる花の種類によって時期は前後する。


以下では、日本国内の太平洋沿岸地域を例にとる。

11月から3月の間は巣箱を回収し、室内(越冬庫)に保管する。
ミツバチが活動を再開しないように温度や光量を管理する必要がある。

4月から5月にかけては女王蜂が卵を産み、3週間後に働き蜂が作業を開始する。
養蜂には巣箱当たり2〜3万匹の働き蜂が必要である。

5月から6月にかけて、巣箱を屋外に配置し、採蜜作業を行う。
巣礎が蜂蜜でいっぱいになったら、巣箱に煙を通してミツバチの活動を押さえ、遠心分離機を用いて蜂蜜を回収する。

6月から11月は休閑期に相当する。
ミツバチが回収した蜂蜜は採蜜せず、ミツバチ自身の利用にまかせる。


ポルトガルくるみ入りはちみつ
ポルトガルくるみ入りはちみつ


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

近代養蜂についてA-【はちみつ健康館】



●近代養蜂についてA●

蜂蜜を貯蔵するのは自然の状態でも養蜂においても巣板の上部に限られており、下部には卵を孵し、幼虫を育てるための領域が存在する。

下部には花粉を貯める領域も存在する。
ミツバチは、六角柱に蜂蜜を貯めた後、蜜蝋で蓋を貼る。


自然の状態では、秋の終わりから春にかけて、花がほとんど存在しない時期には貯蔵した蜂蜜を消費する。

春の初めは幼虫が孵化する時期であるため、蜂蜜の量が最も減る時期である。
その後、開花が始まり貯蔵量が回復していく。

夏季においても、一時的に花が少ない時期があるため、蜂蜜の量が減少する。
ニホンミツバチが一回に持ち帰る蜂蜜の量は20mg程度である。


養蜂には移動養蜂と定置養蜂の2種類がある。

定置養蜂が一ヶ所で次々に咲く花の蜜を集めるのに対し、移動養蜂は春から夏にかけて特定の花の開花時期に合わせ南から北へ移動する。


☆純りんご酢とハチミツ☆5本買うと1本プレゼント!!送料も無料!!
☆純りんご酢とハチミツ☆5本買うと1本プレゼント!!送料も無料!!


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

近代養蜂について@-【はちみつ健康館】



●近代養蜂について@●

19世紀にいたるまでは、蜂蜜を得るには蜂の巣を壊して巣板を取り出すしかなく、それによって飼育コロニーは壊滅させざるを得なかった。

1853年、アメリカ合衆国のラングストロス (L. L. Langstroth) が自著『巣とミツバチ』"The Hive and the Honey Bee"において、継続的にミツバチを飼育する技術である近代養蜂を開発した。

可動式巣枠を備えた巣箱や、蜜を絞るための遠心分離器の発明により、近代的な養蜂業が確立した。

現在に至るまで養蜂の基本的な手法はラングストロスの方法と変化していない。

養蜂.jpg 

養蜂では、巣礎と呼ばれる厚板を直方体の箱に8〜10枚並べる。

自然の巣をまねて、巣礎は鉛直面に平行に並んでいる。
巣礎はミツバチが巣板を形成する土台となる。

形状は縦横比が1対2程度の長方形の中空の木枠にすぎないが、壁面の一つには、蜜蝋とパラフィンを用いた厚紙状の土台を張っておく。

土台にはあらかじめ六角形の型が刻まれているため、ミツバチが巣を作る足がかりとして適している。


漬物やさんが選んだこだわりの味紀州南高梅はちみつ梅300g特級品(化粧箱無し)
漬物やさんが選んだこだわりの味紀州南高梅はちみつ梅300g特級品(化粧箱無し)


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

養蜂の歴史A-【はちみつ健康館】



養蜂の歴史A●

中世ヨーロッパでは、照明用のロウソクの原料である蜜蝋をとるために、修道院などで養蜂が盛んに行われた。

日本における養蜂のはじまりは『大日本農史』によれば皇極天皇二年(642年)とされている。

平安時代には宮中への献上品の中に蜂蜜の記録がある。
江戸時代には巣箱を用いた養蜂が始まったとされる。

明治時代に入り、西洋種のミツバチが輸入され近代的な養蜂器具が使われるようになり養蜂がさかんになった。

戦後、高度成長期に開発が進み農薬の使用が増えるなど養蜂に適した環境が少なくなり、安価な輸入品が増えたため養蜂業は衰えた。


世界の珍しいはちみつローズマリーはちみつ300g
世界の珍しいはちみつローズマリーはちみつ300g


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

養蜂の歴史@-【はちみつ健康館】



養蜂(ようほう)とは、蜂蜜あるいは蜜蝋をとるためにミツバチを飼育することである。


養蜂の歴史@●

ローマ神話によれば、人間に養蜂を教えたのはアリスタイオスである。

蜂蜜と人類の関わりは古く、スペインのアラニア洞窟で発見された約1万年前の壁画に蜂の巣から蜜を取る女性の姿が描かれている。

メソポタミア文明の象形文字にも蜂蜜に関することがらが記載され、古代エジプトの壁画に養蜂の様子がえがかれている。

古代ギリシアの哲学者、アリストテレスは著書『動物誌』にて、養蜂について記述している。

そこでは、ミツバチが集める蜜は花の分泌物ではなく、花の中にたまった露であると述べている。


【国産純粋蜂蜜】ローズメイのこだわり蜂蜜 『アカシア蜂蜜』
【国産純粋蜂蜜】ローズメイのこだわり蜂蜜 『アカシア蜂蜜』


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。