蜂蜜(ハチミツ)と動物の関係-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)と動物の関係●

蜂蜜は栄養価が高いため、ヒト以外の動物にも好まれる。
蜂の巣を襲い、蜂蜜を摂取する代表的な動物がクマである。

さらに、他の動物の手を借りることで蜂蜜を得る鳥類が存在する。

主にサハラ以南のアフリカ大陸に分布するキツツキ目のミツオシエ (Indicator minor) は、蜂蜜と蜜蝋を好む。
蜂の巣を見つけると、ヒトやアナグマに近づき、鳴き声と特徴的な滑空で位置を知らせる。

他の動物が蜂の巣を破壊、摂取した後、食べ残しを得る。
この習性を利用し、ミツオシエ用の笛を用いて、積極的にミツオシエを呼び寄せる地域もある。


南アルプスのゆずハチミツ・ゆず茶タイプ南アルプスのゆずハチミツ・ゆず茶タイプ

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の歴史A-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の歴史A

中世ヨーロッパでは、照明用のロウソクの原料である蜜蝋をとるために、修道院などで養蜂が盛んに行われた。

19世紀にいたるまでは、蜂蜜を得るには蜂の巣を壊してコロニーを壊滅させ、巣板を取り出すしかなかった。

1853年、アメリカ合衆国のラングストロス (L.L.Langstroth) が自著『巣とミツバチ』"The Hive and the Honey Bee"において、蜂蜜や蜜蝋の採取時にコロニーを崩壊させずに持続的にミツバチを飼育する技術である近代養蜂を開発した。

可動式巣枠を備えた巣箱や、蜜を絞るための遠心分離器の発明により、巣を壊さずに蜂蜜を採取することができる近代的な養蜂業が確立したのである。
現在に至るまで養蜂の基本的な手法はラングストロスの方法と変化していない。

日本における養蜂のはじまりは「大日本農史」によれば皇極天皇二年(642年)とされている。

平安時代には、宮中への献上品の中に蜂蜜の記録がある。
江戸時代には、巣箱を用いた養蜂などがはじまったとされる。

明治時代に入り、西洋種のミツバチが輸入され、近代的な養蜂器具が使われるようになり養蜂がさかんになる。

戦後、高度成長期に開発が進み、農薬の使用が増えるなど養蜂に適した環境が少なくなり、市場で幅を利かせる蜂蜜は中国などからの安価な輸入品と、ニュージーランドなどからの特殊な高級蜂蜜に二極分化し、国内の養蜂業は衰えた。


お花のはちみつ味わいセット♪(180g×3本)天使のヨーグルトをつけて【送料無料】!!
お花のはちみつ味わいセット♪(180g×3本)天使のヨーグルトをつけて【送料無料】!!


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の歴史@-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の歴史@

ローマ神話によれば、人間に養蜂を教えたのはアリスタイオスである。

蜂蜜と人類の関わりは古く、スペインのアラニア洞窟で発見された約1万年前の壁画に蜂の巣から蜜を取る女性の姿が描かれている。
メソポタミア文明の象形文字にも蜂蜜に関することがらが記載され、古代エジプトの壁画に養蜂の様子がえがかれている。

古代ギリシアの哲学者、アリストテレスは著書『動物誌』にて、養蜂について記述している。
そこでは、ミツバチが集める蜜は花の分泌物ではなく、花の中にたまった露であると述べている。

旧約聖書ではイスラエル人の約束の地、カナンが「乳と蜜の流れる場所」と描写されており、ハチミツは豊饒さのシンボルとして扱われている。


蜂蜜ブルーベリージャム【花蜜本舗】
蜂蜜ブルーベリージャム

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の生産量-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の生産量

2002年時点の全世界の蜂蜜生産量は128万トンである。
全体の20.3%を中華人民共和国が生産した。

  中華人民共和国 - 20.6万トン (20.3%)
  アメリカ合衆国 - 9万トン (7.1%)
  アルゼンチン - 8万5000トン (6.7%)
  トルコ - 6万トン (4.7%)
  ウクライナ - 6万トン (4.7%)

6位以下は、順にメキシコ、ロシア、インド、カナダ、スペインである。
日本の生産量は3000トン。
これは、イギリス、イスラエル、アフガニスタン、カメルーン各国の生産量と等しい。

日本の蜂蜜輸入量は4万トン。
このうち90%を中華人民共和国、ついでアルゼンチンに依存している。

その後、2003年には世界生産が134万トン、2004年には135万トンとわずかに拡大し続けている。


沖縄産黒糖使用 はちみつ黒糖のど飴
沖縄産黒糖使用 はちみつ黒糖のど飴


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の種類-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の種類●

蜂蜜は花の種類によって味、色、香り、成分が大きく異なる。

レンゲ
色が薄く香りも少なく癖のない味で、日本でよく好まれる。

ニセアカシア(一般にアカシアの蜂蜜として売られているものはニセアカシアの蜂蜜である)
色は薄い褐色で香りも少なく味に癖がなく、日本でも好まれる。

ミカン
近年ミカンの受粉にミツバチをつかうミカン農家が増えたためミカン産地を中心に多く出回っている。柑橘系の香りがあり味も癖がない。日本国内の生産量もミカンの蜂蜜が最も多く、次にリンゴである。

クローバー
世界で最も生産量が多い。強めの甘い香りがあるが、味はマイルド。

ソバ
鉄分が多く黒砂糖に似た味がし、独特の香りがある。色は黒い。貧血によいといわれる。

クリ
苦味とコク、強い香りがあり好き嫌いが別れる。ヨーロッパでは好まれる。


完熟生蜂蜜2400g【花蜜本舗】
完熟生蜂蜜2400g


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の利用A-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の利用A●

医薬品として口内炎の治療などに使われる。
日本薬局方に医薬品として記載されている。
漢方薬では、生薬の粉末を蜂蜜で練って丸剤をつくる。
八味丸(別名:八味地黄丸、桂茯腎気丸)や桂枝茯苓丸といった方剤がこの方法で造られる。

韓国では、柚子を蜂蜜、砂糖と煮込んでマーマレード状にしたものに湯を注して飲む「ユジャ(柚子)茶」などの伝統茶があるほか、蜂蜜そのものを湯に溶かして「ボルクル(蜂蜜)茶」(「クル(蜜)茶」とも)と称して飲用する。

蜂の巣からハチミツを搾り取った後に残る蜂の巣の主材を蜜蝋(みつろう)という。
働き蜂は体内から蜜蝋を分泌し、巣作りをする。
蝋燭、蝋型、塗料などの原料に利用される。

アフリカ中央部、コンゴ民主共和国北東部の熱帯雨林(イトゥリの森)に暮らすムブティ族(ピグミー)は、採取可能な季節に蜂蜜を主食としている。
ムブティ族は小型の鹿などを長さ数百mの網で捕捉する狩猟民族である。
しかし、5月から6月を中心にほぼ蜂蜜だけを摂る。


【産地直送】熊本の健康蜂蜜(高麗人参入り)【ハッピーマーケット來來】
【産地直送】熊本の健康蜂蜜(高麗人参入り)


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の利用@-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の利用●

もっとも日常的に親しまれる利用法は食用である。
パンやホットケーキに塗って食べるほかリコッタなどの軽いチーズあるいはヨーグルトなどの乳製品に添えることがある。

コーヒーや紅茶等の飲み物に砂糖の替わりに甘味料として用いる。
蜂蜜の主成分である果糖は低温では甘味を感じやすいが、高温では感じにくくなる。
暖かい飲み物に蜂蜜を使う場合は、量が多くなりがちなので注意が必要である。

紅茶にハチミツを入れると、黒く変色してしまう。
これは、紅茶に含まれるタンニンと、ハチミツに含まれる鉄分が結合し、タンニン鉄が生成されるためである。

照焼き煮物などで甘味とともに色ツヤを良くするためにも使われる。

そのほか、保存性の高さを利用した蜂蜜漬けなどがある。


おしゃれなハチミツ入れ(台座付)【よろずや】
おしゃれなハチミツ入れ(台座付)


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の概要@-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の概要●

蜂蜜ハチミツ)とは、ミツバチが花から集め、巣に蓄えた蜜である。

ミツバチは花から得た蜜を体内で転化酵素(インベルターゼ)を加えて分解し巣に蓄える。
そのため、巣にあるうちにスクロースを中心とした花の蜜から成分が変化してゆく。

ミツバチの巣は常に35℃前後に保たれるため水分が蒸発し糖分が80%ほどになる。

成分としてブドウ糖、果糖のほか各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸を含んでいる。
高い栄養価をもち、1kgあたり2940kcalの熱量がある。

蜂蜜は糖の過飽和溶液であり、低温で結晶化する。
この結晶化したほうがブドウ糖で、結晶化しない蜜の部分には果糖が多く含まれている。
冷蔵庫はもちろん、冬期には室内でも固まってしまうことがある。

湯煎をするなど温めれば元の液状になり、品質上は全く問題はない。
花粉などの不純物が多いと、結晶しやすくなる。
「低温で固まれば純粋蜂蜜で固まらなければ加糖蜂蜜」といわれることがあるが、純粋ハチミツでも不純物を濾過しているものは結晶しにくいため、この方法で見分けることはできない。

蜂蜜は保存性に優れている。
エジプトでピラミッドの発掘をしていた米国の考古学者T.M.デービスが約3300年前の蜂蜜の入った瓶を発見。
その蜂蜜は全く変質していなかったと記録されている。


送料無料!!16種類から選べるはちみつ・キャンディーお試しセット
送料無料!!16種類から選べるはちみつ・キャンディーお試しセット

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の概要A-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の概要A●

蜂蜜中にはボツリヌス菌の胞子が含まれていることがあるため、胃酸の分泌など消化器官が未発達な一歳未満の乳児には与えてはいけない。
蜂蜜中でボツリヌス菌が繁殖して毒素を作ることはなく、一般的にも蜂蜜中のボツリヌス菌が体内で繁殖するという危険性はほとんどない。

また、蜂蜜はショ糖よりも体に吸収されやすい。
これは、蜂蜜は単糖類のグルコースとフルクトースから構成され、これ以上消化をされる必要がないからである。

日本では養蜂家が小規模なことや養蜂に適した環境が少ないこともあり、国産蜂蜜は輸入品にくらべ一般に高価である。
輸入品に比べ品質が高く安全と思われているが、実際には国産品から検出されてはいけないとされる抗生物質が検出されるなど、必ずしも外国産と比べ安全とは言いきれない。

2005年時点の1kg当り小売価格は、国産蜂蜜が4000〜6000円。
一方、中国からの輸入品は2000円前後で販売されている。



南アルプスのゆずハチミツ・ゆず茶タイプクエン酸のちから【小野洋らん果樹園】
南アルプスのゆずハチミツ・ゆず茶タイプクエン酸のちから


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の物性-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の物性●

蜂蜜は化合物ではなく混合物であるため、物性の値には幅がある。
特に水分の量に依存する。
比重は約1.4。

結晶化する温度は10度〜15度であり、素材となった花の種類に左右される。
蜂蜜はどろっとした液体の代表とも言える。

流体がどれほどどろっとしているかを粘度という。
粘度の単位はP(ポアズ、1P=0.1Pa・s)であり、通常cP(センチポアズ)単位で表記する。

水の粘度は摂氏20度で1cP。一方、蜂蜜の粘度は5000〜6000cPに達する。
トマトジュースは2000〜3000cP、マヨネーズは20万cP程度である。

★軽井沢農園★【送料無料】 はちみつ165g6本セット 6種類からご自由に6個選べます
★軽井沢農園★【送料無料】 はちみつ165g6本セット 6種類からご自由に6個選べます


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の用途-【はちみつ健康館】

蜂蜜(ハチミツ)の用途

ハチミツの用途は、主にテーブルハネー用(家庭用)と加工食品用(業務用)に大別される。テーブルハネー約56%、加工食品用44%位に分かれている。


テーブルハネー用(家庭用)

トースト・ホットケーキ・パンケーキ・ロールパン・フランスパン等に 付けたり、りんご酢・牛乳・コーヒー・紅茶・ウイスキー・焼酎 ・果物・ レモンジュース・ホットレモン・野菜ジュース・果物ジュース・フルーツ ・ プレーンヨーグルト・カマンペールチーズ・ブルーチーズ ・果実酒・果実漬 梅酒・カリン漬・アロエ漬・その他薬草類 ・ すき焼き・煮魚・照り焼き・味噌和え・酢豚・煮豆・カレー 、美容としての ハチミツパック・ハチミツダイエット 、ペットの 毛並みなどの艶出し。


加工食品用(業務用)

焼き肉・うなぎ・珍味のたれ・カレー・ドレッシング・ソース・佃煮・煮物・卵焼き等 の風味・香り・つや出し・防乾・てり等、 カステラ・クッキー・クレープ・ビスケット・センベイ・和菓子・菓子パン・スポンジケーキ・今川焼き等のつや出し・防乾・湿り気、らっきょう・たくあん・にんにく・福神漬等の風味・香り・味付け、 ハム・ソーセージ・ちくわ・かまぼこ等のてり・焼き色、 かき氷・シャーベット・キャンディ・アイスクリーム・ヨーグルト等の風味・香り、 ハニーワイン・ドリンク・果実酒・漢方滋養酒・ハチミツレモン等の栄養・甘味、競馬・養豚・養鶏・ペットフード等の 栄養・毛並み・消化促進、クリーム・化粧水等の 防湿の肌の栄養。


ラズベリーのハチミツ

ラズベリーのハチミツ


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の結晶-【はちみつ健康館】



蜂蜜(ハチミツ)の結晶について●

ハチミツの3/4をしめる果糖とぶどう糖の内、果糖は結晶しにくく、ぶどう糖が間にみつの状態で入り込んでいるので、果糖を含めて全て結晶しているように見える。

しかし花の種類によって速い遅いの差があり、ナタネ、ウド、ソバ等は速く、レンゲ、オレンジ、ミカン、クローバ等がこれに次ぎ、遅い方ではアカシアが代表格である。

このような花の種類によって性質が異なる上に、保存状態、気温、水分等の影響もあり、中にはカビのような形に見えるものもあるが、ハチミツはカビたことがない。

いずれにしろ結晶はするが、品質には関係はない。

その結晶を直火で溶かすと焦げたり、熱に弱い成分が破壊されるおそれがあるので、容器ごと湯煎で除々に加温し60℃以上にならないように注意しよう。


完熟蜂蜜梅干 1.5kg

完熟蜂蜜梅干 1.5kg


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の色と味-【はちみつ健康館】



蜂蜜(ハチミツ)の色と味について●

ハチミツの色調は、ほとんど無のものから、暗褐にいたるなど多様である。

その状態は流動性、粘稠性、または部分結晶のものや完全に結晶した状態のものなどがある。

風味は多様であるが、通常は蜜源植物に由来するが、花のものでも、その周囲に咲く花の蜜が混ざるとか、巣房中の時間の関係で一定はしていない。

大別すると、淡黄色のものでは、アカシア、レンゲ、クローバー、ナタネ、ミカン、トチ。黄色のものでは、リンデン(シナ)、ハギ、カキ。暗褐色のものは、ソバ、クリ等。

や匂いは、淡い色のものほど淡白で、褐色度の強さに比例して灰分やミネラル類が多くなり、特有の香味が強くなってくる。

は長期間保存したり、陽の当たる場所においたり、加熱によって褐色度が増すが、別に害はない。

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

蜂蜜(ハチミツ)の栄養成分-【はちみつ健康館】




蜂蜜(ハチミツ)の栄養成分について●

ハチミツは本質的には、ブドウ糖と果糖を主とした、種々の糖類の混合物である。

3/4は果糖とブドウ糖で両者の割合は、果糖がチョット多いぐらいのはぼ半々。それ以外に麦芽糖、オリゴ糖も少々含まれ、後は水分2割位。

脂溶性ビタミンを除くビタミン、ミネラル、酵素、有機酸糖が微量含まれている程度である。


お茶の花からとれたはちみつ
お茶の花からとれたはちみつ


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。