蜂(ハチ)に見る、社会性の進化論A-【はちみつ健康館】



(ハチ)に見る、社会性の進化論A●

この状況を打破したのが、ハミルトンによる血縁選択説である。

この説は、まず、自然選択において、選択されるのが個体ではなく、個体の持つ表現形であるという発想から始まる。

ある個体が生き延びたのは、ある性質を持っていたからで、その性質の元になる遺伝子が選ばれたのだと考えるのである。

そこで、個々の遺伝子の立場で、血縁度というものを見る。
このようにして、社会性昆虫における働きバチのようなあり方が、自然選択説で説明できることになった。

そして、このことは、社会性昆虫の特徴が、不妊の階層の存在にある、という考えをもたらすことになった。


漬物やさんが選んだこだわりの味紀州南高梅はちみつ梅300g特級品(化粧箱無し)
SILVERBOW HONEYシルバーバウ はちみつ(ベアボトル)


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。