みつばち/ミツバチの社会@-【はちみつ健康館】



みつばち/ミツバチの社会@について●

ミツバチは1つの巣を1つの単位として、一匹の女王蜂と数万匹の働き蜂、繁殖期に現れる2000〜3000の雄蜂で巨大社会が構成されていて、それぞれ自分の役割を担当するもっとも進化した社会性昆虫であり、つねに蜂群が生活の単位となっているため、単独での生活はできない。

幼虫の一部は特製の食べ物であるローヤルゼリーをたっぷり食べて成長し、巣の中で唯一性的に成熟した雌蜂となる。

羽化してから数日後、女王蜂は雄蜂たちと空中で交尾を行う。
恰幅はよいが針を持たない雄蜂は、女王蜂と交尾することでその一生の目的を全うし、最終的には巣より放逐される。

この「結婚飛行」の時に女王蜂は、通常2年以上になる一生の間に必要な数百万の精子を取得することで、産卵力の旺盛な女王蜂なら1日に産める卵の数は最大3000個にも達するともいわれる。

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19728304

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。