プロポリスの生体防御機構-【はちみつ健康館】



プロポリスの生体防御機構●



古代エジプト、ギリシャ・ローマ時代には神々に捧げられ、又、王侯貴族専用の食べ物として文献にも記されており、2000年以上もの時を超えて現代まで連綿と受け継がれてきたのは確かなものであるという証明です。
そのプロポリスには、有効成分フラボノイドやアミノ酸、ミネラル等の天然成分が多種多様に含まれており、特に主成分となるフラボノイドは、植物が紫外線やウイルス等の外敵から身を守る為の自己防衛機能としての役割だけでなく、それらを食する昆虫や動物の生活活動にまで影響を与えるほどの重要な物質で、ミツバチはこの自然の摂理を本能的に感じ、これを利用し、4000万年も生き長らえてきたのです。

動くことのできない植物は、常に紫外線から強い酸化ストレスを受け、光合成によって動物の何倍もの活性酸素を発生させる危険にさらされています。

その危険から逃れて生き抜く為には、自らが抗酸化機構[フィトンチッドを発散している]を発達させて対抗しなければなりません。

それは植物における天然の生体防御機構の一つであり、それら自然の摂理を利用するミツバチのその様は神秘的としか言いようがありません。



仙生露 超臨界プロポリス:30袋【三牧ファミリー薬局】


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19616760

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。