ローヤルゼリーのパワー-【はちみつ健康館】



ローヤルゼリーのパワー



 ローヤルゼリーは女王蜂だけに許された食べ物です。
そのため、「王乳」とも呼ばれています。働き蜂が花から集めてきた花粉を食べ、消化・分解し、頭部にある咽頭腺でローヤルゼリーを作り、口から出して女王蜂が育つ王台に貯えます。

 もともとは、同じ受精卵である女王蜂の卵と、働き蜂の卵がどのようにして女王蜂と働き蜂に変化するのでしょうか。
それは、卵が孵化してから3日目以降に与えられる餌にかかわってくるのです。

女王蜂も働き蜂も孵化して約60時間は純粋なローヤルゼリーが与えられるのですが、働き蜂の餌には、それ以降、ローヤルゼリーのほかに花粉や蜜などが混じってきたり、餌の量も減少してきます。ここが女王蜂と働き蜂の分かれ目なのです。

女王蜂は、他の働き蜂や雄蜂たちの40倍も長生きをし、1日に約2000個の卵を産み続けるのです。
体重が、0.1gしかない働き蜂が作り出すローヤルゼリーは量がとても少なく、貴重なものと言えるでしょう。



ローヤルゼリーアルファ【元気さんドットコム】


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。