近代養蜂についてA-【はちみつ健康館】



●近代養蜂についてA●

蜂蜜を貯蔵するのは自然の状態でも養蜂においても巣板の上部に限られており、下部には卵を孵し、幼虫を育てるための領域が存在する。

下部には花粉を貯める領域も存在する。
ミツバチは、六角柱に蜂蜜を貯めた後、蜜蝋で蓋を貼る。


自然の状態では、秋の終わりから春にかけて、花がほとんど存在しない時期には貯蔵した蜂蜜を消費する。

春の初めは幼虫が孵化する時期であるため、蜂蜜の量が最も減る時期である。
その後、開花が始まり貯蔵量が回復していく。

夏季においても、一時的に花が少ない時期があるため、蜂蜜の量が減少する。
ニホンミツバチが一回に持ち帰る蜂蜜の量は20mg程度である。


養蜂には移動養蜂と定置養蜂の2種類がある。

定置養蜂が一ヶ所で次々に咲く花の蜜を集めるのに対し、移動養蜂は春から夏にかけて特定の花の開花時期に合わせ南から北へ移動する。


☆純りんご酢とハチミツ☆5本買うと1本プレゼント!!送料も無料!!
☆純りんご酢とハチミツ☆5本買うと1本プレゼント!!送料も無料!!


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19616751

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。