養蜂の歴史A-【はちみつ健康館】



養蜂の歴史A●

中世ヨーロッパでは、照明用のロウソクの原料である蜜蝋をとるために、修道院などで養蜂が盛んに行われた。

日本における養蜂のはじまりは『大日本農史』によれば皇極天皇二年(642年)とされている。

平安時代には宮中への献上品の中に蜂蜜の記録がある。
江戸時代には巣箱を用いた養蜂が始まったとされる。

明治時代に入り、西洋種のミツバチが輸入され近代的な養蜂器具が使われるようになり養蜂がさかんになった。

戦後、高度成長期に開発が進み農薬の使用が増えるなど養蜂に適した環境が少なくなり、安価な輸入品が増えたため養蜂業は衰えた。


世界の珍しいはちみつローズマリーはちみつ300g
世界の珍しいはちみつローズマリーはちみつ300g


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。