養蜂の歴史@-【はちみつ健康館】



養蜂(ようほう)とは、蜂蜜あるいは蜜蝋をとるためにミツバチを飼育することである。


養蜂の歴史@●

ローマ神話によれば、人間に養蜂を教えたのはアリスタイオスである。

蜂蜜と人類の関わりは古く、スペインのアラニア洞窟で発見された約1万年前の壁画に蜂の巣から蜜を取る女性の姿が描かれている。

メソポタミア文明の象形文字にも蜂蜜に関することがらが記載され、古代エジプトの壁画に養蜂の様子がえがかれている。

古代ギリシアの哲学者、アリストテレスは著書『動物誌』にて、養蜂について記述している。

そこでは、ミツバチが集める蜜は花の分泌物ではなく、花の中にたまった露であると述べている。


【国産純粋蜂蜜】ローズメイのこだわり蜂蜜 『アカシア蜂蜜』
【国産純粋蜂蜜】ローズメイのこだわり蜂蜜 『アカシア蜂蜜』


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19616748

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。