蜂(ハチ)の社会性-【はちみつ健康館】



ハチ)の社会性●

ハチ目(アリもその一つ)には、社会性のものから亜社会性のもの、単独生活のものまで、様々なものがある。

社会性昆虫と言われるのは、アリ類、アシナガバチ類、スズメバチ類、ミツバチ類などに見られる。
社会性ハチとアリの社会は、雌のみで運営されている。

この仲間は、受精卵からは雌、未受精卵からは雄が生まれる。
女王は雄と交尾の後、単独で巣を作る。

雄バチは女王と交尾した後に死亡し、巣作りには関わらない。
産まれた卵からかえった子を育てながら産卵を繰り返す。

生まれた子は成長すると働きバチとなり、巣に残って女王を助け、子守や餌運び、巣作りをし、自らは繁殖しない。

ほとんどのハチでは、秋になると女王と雄バチが生まれ、それらは巣から飛び出して交尾ののち、女王は越冬するが、それ以外のハチは死滅する。

従って、多くのの巣は1年限りである(ミツバチとアリは複数年にわたって巣を作るものもある)。


レモンのハチミツ
レモンのハチミツ



ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。