ハチの毒針について@-【はちみつ健康館】



ハチ毒針について@●

ハチといえば毒針で刺すものと思われがちであるが、実際に刺すハチはほんの一握りに過ぎない。

本来、ハチ毒針は、産卵管であった。
キバチ類においてはこれを材の中に差し込んで産卵し、寄生バチの場合、宿主の体内に産卵するのに用いられる。
このあたりから産卵管に針としての性能が与えられるようになる。

狩りバチは、毒を注射することで、獲物を麻痺させ、それを巣に蓄えて幼虫に与える。
しかし、これらのハチは単独生活であり、自分の身を守るために毒針を使うことはあまりない。
狩りバチの系統でも、ハナバチ類でも、家族生活をするようになって、毒針を家族を守るために、つまり利他的に用いるようになる。

社会性昆虫であるアシナガバチ、スズメバチ、ミツバチは集団で敵に当たる。

蜂が他の何かの生物に対して毒針を刺すと、そこから蜂が攻撃的になるフェロモンを発するため、蜂のどれか一匹が刺すと他の蜂もつられて集団で襲いかかるという習性がある。

ブナの森はちみつ「ぼだいじゅ」1kg〜香りよくエレガントな味。リンデン(英国)で有名なハーブ...
ブナの森はちみつ「ぼだいじゅ」1kg〜香りよくエレガントな味。リンデン(英国)で有名なハーブ...


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。