みつばち/ミツバチの巣の構造-【はちみつ健康館】



みつばちミツバチの巣の構造●

自然の状態では、ミツバチの巣板と呼ばれる鉛直方向に伸びる平面状の構造のみからなる。

ミツバチが利用した空間の形状によっては板が傾いていることもある。
板の数はミツバチの種によって異なる。

蜂の巣.jpg

養蜂に用いるニホンミツバチやセイヨウミツバチは複数枚の板を形成し、自然の状態でも10枚以上にのぼることがある。
ミツバチなどは板を一枚しか作らないため、養蜂には向かない。

ミツバチ板を防御する構造物を自ら作り出すことはせず、家屋の隙間や床下、木のウロなどもともと存在する外壁を利用する。

都市部では板がむき出しになった巣も存在する。

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。