蜂蜜(ハチミツ)の概要@-【はちみつ健康館】



蜂蜜ハチミツ)の概要●

蜂蜜ハチミツ)とは、ミツバチが花から集め、巣に蓄えた蜜である。

ミツバチは花から得た蜜を体内で転化酵素(インベルターゼ)を加えて分解し巣に蓄える。
そのため、巣にあるうちにスクロースを中心とした花の蜜から成分が変化してゆく。

ミツバチの巣は常に35℃前後に保たれるため水分が蒸発し糖分が80%ほどになる。

成分としてブドウ糖、果糖のほか各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸を含んでいる。
高い栄養価をもち、1kgあたり2940kcalの熱量がある。

蜂蜜は糖の過飽和溶液であり、低温で結晶化する。
この結晶化したほうがブドウ糖で、結晶化しない蜜の部分には果糖が多く含まれている。
冷蔵庫はもちろん、冬期には室内でも固まってしまうことがある。

湯煎をするなど温めれば元の液状になり、品質上は全く問題はない。
花粉などの不純物が多いと、結晶しやすくなる。
「低温で固まれば純粋蜂蜜で固まらなければ加糖蜂蜜」といわれることがあるが、純粋ハチミツでも不純物を濾過しているものは結晶しにくいため、この方法で見分けることはできない。

蜂蜜は保存性に優れている。
エジプトでピラミッドの発掘をしていた米国の考古学者T.M.デービスが約3300年前の蜂蜜の入った瓶を発見。
その蜂蜜は全く変質していなかったと記録されている。


送料無料!!16種類から選べるはちみつ・キャンディーお試しセット
送料無料!!16種類から選べるはちみつ・キャンディーお試しセット

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19616723

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。